オプティムの新技術に注目

Home » 未分類 » オプティムの新技術に注目

スマホ関連記事を見ていたら、もっとも私がとっつきにくい話題が載せられていました。それは「株式会社オプティムは7日、「時空間」に応じてモバイル端末の設定を最適化する、スマートデバイスの新しい管理運用概念「Zone Management」を発表した。時空間を論理区画と定義した「Zone」の概念を導入し、Zoneに応じた最適なサービス・端末設定・セキュリティを自動適用する。同社の所有する特許技術群を利用した「世界初のサービス」としている。」というもの。この時空間という言葉。これとは直接関係ないのですが、小学生の頃の算数の問題で、時間、距離、速さ、これらを「式」を利用して計算するものがよく出てきましたよね。これがと~~~っても苦手だったんです^^私の中でこの3つと式が馴染んでくれないんです^^そのため「BYODを管理する場合の課題は、従来時空間を意識したセキュリティコントロールができず、端末全体をMDMの管理下に常に置き、管理者が設定変更を行わない限り、一定のセキュリティ設定しか適用できなかったことだ。これが時に端末の利便性を阻害するという問題を生んでいた。」と書かれていても、全く頭が回りません^^とりあえず、画期的?な新技術によって、モバイル端末の設定を自動変更できる、ということだけ理解しておこうかなと^^これからますますBYODは広まっていくでしょうから、このような技術開発はますます活発になっていくことでしょう。

Posted in: 未分類

Leave a Reply